入江歯科医院 衛生士ブログ

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
たばことインプラント
 

大きいむし歯や重度の歯周病により、歯を失いインプラント治療を行った方もいるかもしれません。これからインプラント治療をする方もいるかもしれません。

 

インプラントとは人工歯根で顎の骨に埋め込む治療ですが、インプラントと骨の結合には血液がかかせません。

前回御話ししたように喫煙すると、歯ぐきの末梢血管が収縮して血液の流れが低下するために出血が少なくなるため、インプラント治療後の治癒が遅くなることがあります。

また、インプラントも自分の歯と同じように歯周病になります。歯周病にならないように注意が必要です。

喫煙者は非喫煙者に比べるとインプラント脱落の確立が高まると言われておりますので、可能であればタバコをやめる。難しいようであれば、せめて治療中は禁煙を行なうことをお勧め致します。

喫煙と歯周病
 

歯と歯肉の境目に汚れがあると、歯ぐき(歯肉)が腫れて、歯を支える骨が細菌から逃げるため骨が下がるのが歯周病です。そして、歯を支えている骨が弱くなると歯がグラグラして最終的に抜けてしまいます。

 

喫煙と非喫煙者では、その歯茎に与える影響が違ってきます。

 

たばこを吸うと、

ニコチン・タール・一酸化炭素により歯の周りにある組織の抵抗力が低下すると歯周病にかかりやすくなります。

また、歯ぐきの末梢血管が収縮して血液の流れが低下するために歯ぐきの炎症や出血も少なくなり、腫れも出にくいため歯周病が進行しているのに気付きにくくなります。

 

喫煙者と非喫煙者と比べると、歯周病の原因の1つのプラーク(歯ブラシで取れる細菌の塊)の付着率は変化がありません。

しかし、歯周病の進行を見ると、喫煙者は非喫煙者に比べて2〜8倍歯周病が進行するリスクがあると日本臨床歯周病学会で報告されています

歯周病の治療をしても喫煙者の方は、治療の効果が下がると占めされています。それは、一酸化炭素はニコチンとともに体の免疫力を低下させてしまいます。これらの有害物質の相乗作用によって歯周病は悪化し治療しても経過が不良になりやすくなります。そのため、禁煙が必要です。       

たばこについて

 6、味覚が鈍くなる
  →たばこを吸うと、ニコチンやタールなどにより味を感じる下にある味雷というものが麻痺するため、味覚が鈍くなります

7、毛状舌
  →舌に黒い毛髪が生えたようになります。たばこの成分により舌が黒くなります。細菌の増殖や薬の作用の原因が多いようです。

8、ニコチン性口内炎
  →喫煙によりできる口内炎です。たばこの喫煙でニコチンの過剰摂取をし、ニコチンが口腔内に蓄積するために口内炎が出来やすくなります。口の粘膜に赤い斑点ができ、灰白色になり腫れて厚くなります。

9、白板症
  →口の中の粘膜にできる白い苔のようなものです。こすっても取れません
10、口腔がん
  →口の中の悪性腫瘍でタバコが危険因子の1つと言われています。

このようにタバコは意外にもお口にさまざまな影響を与えています。
タバコをリラックス効果や暇つぶしなどに喫煙している方もいらっしゃるようですが、タバコを吸う前にこれらのお口に与える影響を考えてみて下さい。

次回からはより詳しくタバコがどうして歯周病やインプラントに影響するかをお話いたします。


歯科衛生士 田中絵里子

たばこについて

 前回「ニコチン」「タール」「一酸化炭素」には様々な害があることをお話しいたしましたが、今回はタバコがお口に与える影響についてお話します。

1、進行した歯周病になりやすい
  →喫煙者は非喫煙者に比べ、2〜8倍 歯周病にかかりやすいと言われています。

2、インプラント治療の不成功になりやすい
  →喫煙者はインプラント治療の傷口の治癒が遅れ、骨との結合が阻害されます。
 
3、歯肉が黒くなる
  →メラニン色素沈着により歯肉などの粘膜に黒濁色や茶黒色の色素沈着が起こります。

4、歯面にヤニがつき黒くなる
  →タール沈着することにより歯面にヤニがつき黒くなります。

5、不快な口臭がする
  →たばこの成分のニコチンやタール・一酸化炭素などの成分により唾液が減り、口の中が乾燥しやすくなり、たばこの成分がお口の中の粘膜に付着するために不快な口臭がします。


続きは来週お話します。


歯科衛生士 田中絵里子

たばこについて
 

たばこは、インプラントが骨と結合しない、抜けてしまうなどの不成功の原因や歯周病の悪化させる原因の1つと言われています。

 

今回はたばこの害について簡単ですがお話します。

 

たばこには、多くの化学物質が含まれています。

その中には有害物質があり、代表的なものには

 

ニコチン

タール

一酸化炭素

があげられます。

 

それでは、どんな害があるのでしょうか?

ニコチンは、たばこ依存の原因物質といわれています。

タールには、発がん性物質が含まれています。

一酸化炭素は、組織への酸素欠乏をもたらします。

 

 

その他に皆様もよくご存知の、

喫煙者がフィルターを通して吸う煙(主流煙)よりもたばこの火がついた所からの煙(副流煙)の方が有害物質の濃度が高くなります。そのため周りの人に与える影響はさらに大きなものになります。

 

次回、たばこが与えるお口の中の影響についてお話したいと思います。



歯科衛生士 田中絵里子