入江歯科医院 衛生士ブログ

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
定期健診のすすめ
 

みなさんはどんな時に歯医者さんに行こうと思いますか?

ある調査では歯科受診のきっかけは
「腫れ」「痛み」「出血」があったからという理由で

63だそうです。

具体的な痛みや目に見える現象を実感しない限り
歯科を受診しない人が多数を占めているのが現実であり、
歯周病や健診、歯石除去よりもむし歯の治療を目的に
受診する方のほうが多いとのデータが出ております。

 

歯周病は歯を失う1番の原因となるもので、
実はむし歯よりも厄介な病気です。

また、自覚症状がなく進行するものであり、
異常を感じた時にはかなり進行してしまっているケースが
多いです(ガンと一緒ですね!恐ろしい!!)。

むし歯にしても、進行している場合には神経の処置や
被せ物をしたりして回数がかかってしまいます。
最悪歯を失う可能性も否定できません。

では、歯を失わないようにするには
どのようにしたらよいでしょうか?


どんな病気にも言えることですが、

早期発見・早期治療が重要となります。

そして、そのためにも定期的な健診が重要となるのです。

 

予防の先進国であるスウェーデンでの定期健診の受診率
ほぼ10080歳の時点での残存歯数は1520です。

それに対して日本の定期健診の受診率は16ほどで
80歳の時点での残存歯数は5だそうです。

まだまだ日本では歯科の定期健診が浸透しておらず、
歯を失ってしまう方が多くいらっしゃいます。

 
 

歯科の定期健診にまつわる面白いデータを一つご紹介します。

歯科の定期健診を受けている人は生涯治療費
平均よりも低く済むというのです!

その調査によると、歯科の定期健診を受けている人は
48歳までは治療費が平均を上回るもののその後逆転し、
年齢を経るにつれて差は広がり65歳の段階では
平均の6割程度の負担となっているということです。

結果的に歯科費用を含めた生涯治療費でも平均を下回ると
結論づけたそうです。


口腔内に異常があると食事が偏ったり
歯並びが悪くなったりして、糖尿病や肥満、骨粗しょう症などの
全身疾患や肩こりを招き、体全体の健康に影響を及ぼします。

歯科の定期健診を受けることによって、
歯だけでなくて全身の健康も保たれて治療費が
少なくなるなんて一石二鳥ですよね!

 

歯を守るため、全身の健康を守るため、
そして治療費の節約のためにもぜひ定期健診を始めてみませんか?

 

参考:トヨタ関連部品健康保険組合・豊田加茂歯科医師会合同調査結果


歯科衛生士 八島貴世


********************************************
医療法人 入江歯科医院
埼玉県さいたま市浦和区上木崎1−10−15入江ビル2F・3F
Tel 048-832-8131
http://www.irie-dc.com

ライフステージに応じたお口の健康管理 思春期編
 

思春期になると第2大臼歯、第3大臼歯(いわゆる親知らず)
生えてきて永久歯が完全にそろう時期になります。

この時期はむし歯の初発だけでなく、再発や放置による重症化が
見られます。
女子の場合には女性ホルモンの分泌によって
ある種の歯周病菌の発育が促進され、思春期性の歯肉炎を
起こすことがあります。
そのため、この時期から重篤な歯周病に進行していく
可能性があるのです。

また、永久歯が生えそろう際に生じる噛み合わせの異常により、
一過性の顎関節症や不正咬合の重症化が起きたりするなど
様々なトラブルが起こりえるのです。

むし歯ができる原因にはお口の中の環境だけでなく、
生活リズムの乱れも関係してきます。どちらも改善されない限り、
繰り返し起きることや再発する恐れがあるので
日ごろの生活を見直してみてはいかがでしょうか?

また、この時期には若年性歯周炎といって急速に重症化する
歯周病にかかることがあります。
この歯周病は遺伝的関連があり、早期発見と専門的な治療が
必要となるので日頃から「かかりつけ歯科医院」で
定期健診をして行くとよいでしょう。

歯科衛生士 八島貴世


********************************************
医療法人 入江歯科医院
埼玉県さいたま市浦和区上木崎1−10−15入江ビル2F・3F
Tel 048-832-8131
http://www.irie-dc.com

インプラントと歯周病
 

インプラントを入れている人もそうでない人も質問です。

 

Q.インプラントは天然の歯?それとも人工の歯?

 →もちろん知っているかと思いますが人工の歯です

 

Q. では、インプラントは人工ですが天然の歯と同じような歯周病になりますか?

→はい、インプラントは自分の歯と同じような歯周病になります。

呼び方が変わりインプラント周囲炎と呼ばれます。

 

歯がすべて失えばお口の中にいる常在菌が住む場所が無くなるので菌が悪さ(歯周病)を起すことはありませんが、骨に埋め込むインプラントはその構造が歯に近いので菌が住む場所ができ掃除が出来ないとその周囲に炎症がおきます。
※資料1



Q.
では、歯周病とインプラント周囲炎の進行は同じでしょうか?

→違います。天然の歯は細菌が入らない層が必ずあり、歯を支えている骨は無菌の状態を保っています。しかしインプラントは細菌が入らない層が無いので周囲炎になった時は進むのが早くインプラントを支えている骨までもが細菌に侵されやすくきずいた時には重度のインプラント周囲炎になっている事があります。


※資料2

天然の歯とインプラントの歯似ているようで違う構造を持つ歯です。同じように長く健康に保つためには歯もインプラントも定期的なメインテナンスが重要になってきます。


※資料1.2 アストラテック株式会社



歯科衛生士 北川奈弓

歯周病と心筋梗塞
 

 歯周病と関連する病気の一つに心筋梗塞があります。心筋梗塞とはなんらかの異変によって心臓に血液を送る血管が詰まり、その筋肉が壊死し最悪の場合命を失う恐ろしい病気です。その原因となる危険因子は、血管の損傷・喫煙・高コレステロール血症などが挙げられます。

 近年の研究で、心筋梗塞で亡くなった人の死因となった血管の中から歯周病菌が発見されたことが明らかとなりました。また、2007年の11月にアメリカの論文で重度の歯周病を患っていると心筋梗塞になるリスクが高まるということが発表されたり、重度の歯周病患者とそうでない人を比べると冠動脈疾患を引き起こす可能性が2倍ほど高いと言われたりしています。


 

なぜこの病気が歯周病と関連があるのでしょうか?

 


 歯周病に罹患しそれが重度化すると歯周病菌から遊離される内毒素が歯ぐきから血管に侵入し、血管内に炎症を引き起こすため、血栓が作られるのです。ほとんどの歯周病菌は血液中の白血球によって退治されますが、一部の歯周病菌は白血球から逃れられる性質を持っているのです。その性質を持つ歯周病菌は血小板を凝集させる病原性を持っており、血栓を作りやすくしてしまうのです。長年歯周病を放置すると、この歯周病菌が入り込んだ血小板が体内で増加し全身の血管をめぐり最後に流れ着く場所が心臓なのです。

 

 

治療後に薬を服用されている患者様へ

心筋梗塞の治療後にワーファリンという抗凝固剤やさまざまな種類の抗血小板剤などを服用されている患者様はそのまま抜歯やインプラント手術といった外科処置を行うと出血が止まらなくなる恐れがあります。その為、あらかじめお薬の量を調整して処置を行っていく必要があります。お薬を急に中止したり、全く中止したりすると危険な場合もありますので歯科医と内科医とでの十分な打ち合わせが必要となります。事前にお申し出頂くようお願いいたします。

※参照『歯周病予防研究会』HP、『日本臨床歯周病学会』HP


歯科衛生士 八島貴世

歯周病と心臓血管疾患の関係
 

歯周病と心臓血管疾患の関係

歯周病の人は心筋梗塞などの心臓血管疾患にかかる確率が高いともいわれています。

心臓血管疾患で最近重視されているのは、脳梗塞、心臓冠動脈疾患(心筋梗塞や狭心症)、動脈硬化症などの原因となるアテローム血栓症です。アテローム血栓症は、酸素や栄養を運ぶ太い動脈の中で血栓を作って症状を引き起こします。血栓を作る危険因子は、血管の損傷、喫煙、高コレステロール血症そして歯周病のような細菌感染です。歯周病原菌が出す毒素は、歯肉から血管に入り込み血管内に炎症を引き起こし血栓を作ります。また、ある歯周病原菌は血小板を凝集させる病原性をもっていて、凝集した血小板がはがれ血流に入り血栓がつくられる可能性もあると言われていて、脳硬塞や心筋梗塞を引き起こす可能性が考えられています。参考;日本歯周病学会



歯科衛生士 石原まりも

歯周病と糖尿病
 

歯周病と糖尿病


歯周病
になる根本的な原因は歯垢(プラーク)なので、歯磨きなどで磨き残しをなくし口の中を清潔に保っていれば歯周病になるリスクはかなり低くなりますが、口の中の清潔だけでなく体の病気が原因で歯周病になりやすくなったり、歯周病が治りづらくなることもあります。

歯周病と糖尿病は、お互いに悪い影響を与え合って、いろいろな合併症を引き起こしていると言われています。

歯周病になると・・

歯周病原菌が出す毒素が、歯肉から血管内に入り込み肝臓や脂肪細胞などに作用して、血糖値を下げる働きをもつホルモン(インスリン)をつくりにくくし血糖値を上昇させます。血糖値が上昇すると、歯肉も高血糖状態となり歯周組織の破壊が進み、歯周病原菌はさらに増え、糖尿病は悪化していき悪循環に陥る可能性があります。
糖尿病になると・・

糖尿病になると唾液の分泌量が減少し唾液が少なくなるので口の中の細菌を洗い流す作用が弱くなり、そのうえ糖尿病になると白血球の機能が低下するので細菌の数が増加し歯周病菌の抵抗力も下がるので歯周病になりやすく、歯周病が治りづらくなってしまうのです。つまり〈身体が病気になる→抵抗力が落ちる→歯周病になりやすくなる〉ということです。人間の身体には細菌が感染することを防ぐ力がありますが、糖尿病などの病気にかかったり、老化、ストレス(疲労)、喫煙(たばこ)などによって抵抗力が低下すると細菌に感染しやすくなりますので、歯周病にもかかりやすくなってしまうので病気を治さない限りいくら歯周病の治療を行っても治りづらく、治っても再発してしまう可能性が高いので病気がある場合はその病気を同時に治療していく必要もあります。


歯科衛生士 石原まりも

膿の正体とは
 膿は人体の抵抗力(おもに白血球)が歯周病細菌と戦った後の死骸なのです。

足を擦りむいた時などに膿んでしまってその部分に出た膿が臭うなどの経験はありませんか?

それがお口の中でも起こっていると思ってください。色は黄色っぽい色をしています。歯と歯ぐきの間には歯周ポケットと呼ばれる溝があるので、そこから膿が出たり、臭いが漂ってくるのです。場合によっては普段何も症状がないけれども、身体が疲れていたり、風邪をひいているときなど身体の抵抗力が低下しているときに、膿がでてきたりする場合もあります。


これらの症状は定期的に歯科医院にて歯石除去などのクリーニングを行うこと、毎日のお家でのケアを正しく行うことで、歯周病の進行を食い止め、改善することも出来ます。歯周病で歯を失うことを出来る限り避けるためにも、自分のお口の状態にあった間隔での定期検診をお勧め致します。



歯科衛生士 島嵜薫

「歯肉炎」は御存知ですか?
 

みなさんは「歯肉炎」というのをご存知ですか?

字のごとく歯肉、つまり歯ぐきに限局した病気で、歯ぐきが腫れる状態のことを言います。主にプラーク(細菌の塊)の付着が原因です。きちんと歯や歯と歯の間を清掃して、適切な歯磨きを行えば2週間程度で改善すると言われています。

さて歯肉炎をそのまま放っておくとどうなるのでしょうか?

「歯周病」(かつては「歯槽膿漏」と呼んでいました)という状態になります。歯肉炎の炎症が慢性的に続いて、歯を支えている骨が溶かされてしまうのです。歯を支えている骨は歯槽骨といい、骨が溶かされ膿が漏れ出てくるということで歯槽膿漏を呼んでいたようです。


ではこの膿の正体は一体何でしょうか?


それは次回、お話しいたします。


歯科衛生士 島嵜薫

口腔内写真について

当院では定期検診の際や手術の前などに口の中の写真を撮らせて頂いております。

今回はその写真についてお話しします。

 


なぜ口の中の写真を撮るのでしょう・・・?

それは、
治療の始まりと終わりを比較するためです。


 

では、どんな事が分かるのでしょうか?

写真を撮る事によって・・・

〇や歯ぐきの色が分かります。

∋ぐきの状態が分かります。

B海韻道る事によって変化を見ることができます。

   
       
 

歯周病の治療を行っていくと、歯ぐきの炎症が治まり色味は明るくなり引き締まってくるなどの変化が起こってきます。歯周病のチェックの結果を数字で見るよりも画像で見ることによってより分かりやすく、変化を実感できると思います。

 

健康な口の中






御覧の通り健康な歯ぐきは薄いピンク色をしていて引き締まっていて歯と歯の間はきれいな三角形です。このように写真で記録することで口の中の状態が一目で分かります。写真を撮る際にはご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんがご協力をお願い致します。また、お見せすることも可能ですのでご覧になりたい方はお気軽にお声掛けください。


歯科衛生士 八島貴世
レントゲンについて
 

歯周病は歯を支えている骨が歯周病菌により溶けてくる病気です(詳しくは前回までの内容をご覧ください)。レントゲン写真を見ることによって骨の減っている量や場所などを詳細に確認することができます。今回はそのレントゲン写真についてお話していきたいと思います。


パノラマエックス線写真 

 縦10僉濂30僂らいの長方形のレントゲンです。上あご、下あごの全ての部位を展開像として見ることができます。全部の歯とそれを支えている骨の状態を一度に診ることができます。



デンタルエックス線写真 

縦2僉濂3僂らいの小さなレントゲンです。非常に鮮明なもので、歯周病による骨の吸収だけでなく、ほんの小さな虫歯や歯石、根の病巣などを判別することができます。

 

根の病巣

(視診)


(病変がある状態)



(正常な歯の状態)

視診(見ため)で根の先まで見ることができず病変があるとはわかりません。しかしエックス線写真を見てみると黒く映っている部分(点枠内)に病変があることがわかります。


虫歯



エツクス線で見てみると歯の根っこに大きな虫歯があるのがわかります。

このようにエツクス線写真はたくさんの情報量があります。ただし、何でも見えるわけではありません。
歯やその周囲の組織という立体を平面のフィルムに白黒のグラデーションで映しているだけなので、立体のすべてを見ることはできません。場所によっては見えるものと見えないものが出て来てしまいます。

そこで当院では必要に応じて歯科専用のCT撮影を行っております。今までのパノラマエックス線写真やデンタルエックス線写真とは違い、CT画像は立体的に画像を映しだし診ることが可能です。その為、より正確な診断を行うことができるのです。


歯科CT画像


 歯科のレントゲンの安全性について

一般的に歯科で撮影しているレントゲンの撮影時に受ける放射線は極めて低く、胸のレントゲンを撮影したときの1/13と報告されています。

レントゲンを撮ることによって自覚症状のない歯周病や虫歯を発見できたり、原因が特定できたりと診察する上で重要な材料となっていきます。前回お話しした歯周基本検査を行う際にもレントゲンを見ながら行うことで、より詳しく、正確な状態を把握することができます。



 


歯科衛生士 島嵜薫