入江歯科医院 衛生士ブログ

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
口臭の原因を思い出してみて下さい3
 

「自臭症」

実際には口臭が全然ひどいわけではなく、本人がそう思い込んでいるだけの「自臭症」というものがあります。
これは口臭に対して神経質になりすぎていたり、友人や家族から口が臭いと言われたのを気にしすぎるあまり起こるものです。このような人は口臭についての正しい知識を身に付け、口臭に対する恐怖心を克服することが一番大切になります。

「生理的な口臭」

口臭は誰にでもあるもので口臭が無いとされる人の場合でも少なからず臭いはします。
また、普段は口臭が気にならない人でも、その人の状態によっては一時的に強い口臭が出ることがあります。これを生理的な口臭と言います。具体的には朝起きた直後、臭いの強い食品を食べた時、疲れている時、緊張している時などに口臭を感じるということです。


自臭症の人は口臭のメカニズムを理解して、こういう場合に多少口臭が出るのは仕方の無いことだとある意味開き直ることが必要です。

口臭に関しては1番の原因はやはり歯周病(プラークコントロール)と虫歯です。

口臭がなぜ強く感じられるのか、正しい知識を理解し口臭対策の方法も合わせて知っておくといいかも知れませんね。



歯科衛生士 石原まりも

口臭の原因を思い出してみて下さい2

その他に・・・

 

■摂取すると口臭の原因となるもの

・アルコール
・にんにく
・ねぎ類
・唐辛子などの香辛料

・コーヒー
・タバコ

以上のような食品を摂取した場合には、基本的には口臭を防ぐことは難しいのかもしれない。


口臭を防ぐ主な食品

・ガム(唾液の分泌を促進します)

・緑茶(カテキンが細菌の増殖を抑制します)
・市販の口臭対策グッズ (サプリメントやガムなど様々な種類があり、原理・効         

果も様々です)

ただしこれらの食品は一時的に口臭を予防する効果はありますが、口臭の根本的な解決策にはなりませんので、それを理解した上で有効に利用しましょう。




歯科衛生士 石原まりも
口臭の原因を思い出してみて下さい。
 ■お口の中から発生するニオイ(虫歯や歯周病が原因)

■胃や食道から発生するニオイ(食事の内容や全身的な廟議が原因)

■肺から呼吸として発生するニオイ(嗜好品などの摂取が原因)


全身的な病気が原因で、口臭が強くなることもありますので、お口の清掃状態や唾液の量に気をつけているのに口臭が改善しない場合には、このような全身的な疾患を疑う必要があるかもしれません。


・糖尿病、肥満 ・・・ アセトン臭(甘ったるい臭い)

・肝・腎不全、胃潰瘍 ・・・ アンモニア臭

・胃腸不全 ・・・ 生ゴミのような臭い
           (食べたものがなかなか消化されず、口臭や体臭の原因となる)

気になる方は、内科を受診してみてはいかがでしょうか?



歯科衛生士 石原まりも
口臭の原因3
 



舌にも汚れがつきます。
舌に白っぽいものがついてしまうことがあります。これは舌苔(ぜったい)といわれるものがついています。これがあることにより口臭が発生します。



では、予防はどうすればいいのでしょうか?


【予防方法】


\気靴せ磨きをすること


1本1本しっかり磨く事が大切です。

 


∪紊離吋△鬚垢


あまり、普段気にしない舌にも細菌がいます。
歯ブラシや舌ブラシで軽くサッサッと磨きましょう。
ゴシゴシ磨きすぎると舌に痛みが出ることや、味を感じるところに影響がでますからあくまでも優しく行いましょう。



B単佞出るようにする。


唾液には口の中をキレイにする自浄作用があります。お口が乾きやすい方は、頻繁に水分補給すること、普段からよく噛むことが大切です。

 


もし、気になることがありましたら遠慮なく当院にご相談ください。


歯科衛生士 田中絵里子



口臭の原因2
 

虫歯

食事した後に歯にはプラークという白くてネバネバしたものが歯に付着します。歯磨きでこすり、汚れの除去できます。
しかし、なかなか取れにくいものです。特に歯と歯の間や歯の溝など磨きにくいです。
そのため、虫歯ができます。小さい虫歯だと口臭はありませんが、放っておいて虫歯がどんどん深く進行して大きい虫歯へ進行すると、食べカスや虫歯菌が虫歯の穴の中にたまり口臭が発生します。
虫歯で口臭が出ないようにするためには、早めの虫歯治療が必要不可欠です。

 

★虫歯かどうかは、小さい虫歯だと自覚症状はありません。歯科医院で定期的にみてもらって虫歯になっていないか確認してもらうのが1番です。簡単なセルフチェックをお試しください。


○虫歯かセルフチェック

 □自然に歯が痛むことがある

 □歯が黒っぽくなっているところがある

 □痛みはないが穴のあいているところがある

 □温かいものがしみて、痛みが続くことがある


当てはまるものは、ありませんか?当てはまらなくても、もしかしたら小さい虫歯があるかもしれません。歯科医院でぜひ、検診を受けましょう。

口臭の原因1
 〇周病

お口の中には、細菌が数多く存在しています。歯周病とは歯と歯茎の間に磨き残しの放置により歯周病菌が入り、歯周ポケットができます。歯周ポケットの中に歯周病菌が存在すると歯肉が赤く炎症がおこり、歯磨きすると出血するという症状が出てきます。歯周病菌により歯を支える骨が細菌から逃げようとして歯を支える骨が溶けてしまい歯がぐらぐらして、いずれは歯が抜けてしまう病気です。歯周ポケットの中の歯周病菌や、お口の中の細菌によって分解された物質が悪臭として発生するのが歯周病の口臭です。

自分でまずはチェックしましょう。

□ 歯がグラグラする
□ 歯磨きをすると血がでる
□ 歯肉がよく腫れる
□ 口の中がネバネバする

どれが1つでも当てはまっていたら歯周病の可能性があります。

歯科医院で歯周病か診断してらうのが良いでしょう。30代以上の方の80%の方が歯周病と言われています。皆様はいかがでしょうか?

歯科衛生士 田中絵里子
「あなたの口臭は大丈夫ですか?」1
 

みなさんは身近な方で、口臭を気にされている方や家族に指摘されたことはありませんか?

口臭は相手に不快感を与えてしまうため、気になり口を手で覆っていたりしてはいないでしょうか?

中には口臭が無いのにあると思う「自臭症」という方もいます。臭いに関してみなさん、ご自身ではわかりにくいために心配される方も多いようです。



口臭にはいくつか原因があります。

仝の中の病気(虫歯・歯周病)

∩歓箸良袖ぁ
糖尿病・肝・腎不全・胃潰瘍・胃腸不全)

食べ物

だ戸的な口臭(
起床時、緊張時、空腹時の口臭。また、疲れ、寝不足の時に唾液の分泌量が低下し、自浄作用の低減によって増す口臭)があります。

続きは次回で。

歯科衛生士 田中絵里子

口の中がよく乾きませんか?
 

口の中が最近、よく乾くという方がいらっしゃいます。心当たりのある方はいらっしゃるでしょうか?年齢とともに唾液は減っていきますが、唾液はとても重要な役割があります。

 

唾液の効果

‐嘆修鮟ける
¬3个魎兇犬気擦
食べた物を流す
と音をしやすくする
ス涯欹醉
細菌が増えないようにする
Щの表面に膜を作る

 

このような効果があります。健康な人で唾液は1日1〜1.5リットルが出ているそうです。しかし唾液不足になると唾液の抗菌作用が減少し細菌が増えてしまい、より虫歯・歯周病になりやすくなってしまいます。飲み物をいつも口にしないとしゃべりにくくなったり、口臭の原因にもなります。このような状態をドライマウスと言います

 

 

ドライマウスの原因として、


〔瑤良作用
糖尿病、腎不全など
5扮
ぅ好肇譽
ゥ轡А璽哀譽鷯標群

などと言われています。

 

これらに当てはまってますか?
いかがでしょうか?


もし、ドライマウスの方の場合、歯周病や虫歯になりやすいので、歯科医院に頻繁に来院された方がよろしいかと思います。

  

ドライマウスは唾液が出にくいので、食生活ではしっかり噛んで食べるということが大事です。そして唾液が出やすくなるようにマッサージをやってみましょう。まず、耳たぶのすぐ後ろにへこんでいるところをマッサージしてみてください。お試しください。

歯科衛生士 田中絵里子