入江歯科医院 衛生士ブログ

<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
ライフステージに応じたお口の健康管理 6歳ごろ(第1大臼歯)2
今回は虫歯にならないためのポイントについて
お話ししていきます。


虫歯にならないポイントは

/生活に気をつける。

お菓子やジュースをだらだら食べずに時間を決める。
甘い物がいつまでも口の中に残っていると
虫歯になりやすくなります。

キシリトールを1日3回から5回摂取する。
食後などに摂取する。
ただし、食べ過ぎるとお腹がゆるくなることがあります。


 

∋をしっかり磨く。


第1大臼歯は、どのように歯磨きを行うと
より良いのでしょうか。


1、歯ブラシを横から入れて当てる。

2、小さく動かす

 

この時に、お口を大きく開けすぎると頬がつっぱり
歯ブラシが奥まで届きません。
少し口を閉じぎみにして磨くと奥まで歯ブラシが
届きやすくなります。
ただ、磨いていてもしっかり届いていないこともあります。
セルフチェックは難しいため、ご家族の方に協力してもらい
仕上げ磨きをしてもらうのも大事です。
しかし、仕上げ磨きだけでは足りないところもありますから、
歯科医院にて定期検査で虫歯が無いか磨き残しがないか
診てもらうことが必要です。


 

フッ素を使う


歯磨き粉の中に虫歯予防に効果のある薬用成分の
『フッ化ナトリウム』『モノフルオロリン酸ナトリウム』などと
書いてあるものを選ぶ。



 

せ科医院で定期的に健診受ける


虫歯が無いかみてもらう。
シーラントで歯の溝を埋めて予防をする

歯科医院で虫歯予防のフッ素のお薬を定期的に塗布してもらう

 

 

歯科医院に定期的に通っていても
必ず、虫歯にならないわけではありません。


毎日の歯磨きと歯科医院でのケアを継続して
虫歯にならないように予防していきましょう。

第一大臼歯はずっと使う歯になります。
虫歯や歯周病で歯を失わないように歯を大切にしましょう。


最後までお読み頂き有難うございました。


歯科衛生士 田中絵里子


************************************************************
医療法人 入江歯科医院
埼玉県さいたま市浦和区上木崎1−10−15入江ビル2F・3F
Tel 048-832-8131
http://www.irie-dc.com

スポンサーサイト
- | 09:00 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://irie-eiseishi.jugem.jp/trackback/56